交通事故治療よくある質問

このページでは、交通事故治療をする上でよくある質問とそれに対する回答を掲載しました。

Q.交通事故での治療を受ける場合、治療費はどうなりますか?

A.基本的に交通事故の治療を行う場合は自賠責保険が適用となりますので、窓口負担はありません。保険会社が治療費を負担するとういう形になります。
※例外的に自己負担がかかる場合もあります。

Q.電気とか機械とかは苦手なのですが・・・

A.当院は手技中心の施術を行っております。一人一人の状態に合わせて最も早く確実に症状が改善できるように治療計画を立てた上で治療を行っています。手技中心ですが必要に応じて電気療法等も併用しております。

Q.通院したら被害者に慰謝料が支払われると聞いたのですが・・・

A.一般的に一回の通院にあたり3000円から7000円の慰謝料が保険会社から支払われますが例外もあります。

Q.交通事故の影響で仕事を休んだのですが給料保障はありますか?

A.例外もありますが基本的には保険会社から支払われます。

Q.治療の期間はどれくらいですか?

A.それぞれ人によって異なりますが3~6か月位が目安になっています。例外的にそれよりも短かったり長かったりもします。

Q.整形外科と同時に通院することはできるのですか?

A.可能です。この場合整形外科では検査を受けたり診断書を書いてもらい、整骨院で手技や電療法等の治療を行うというスタイルが一般的です。

Q.通院するための交通費は支給されますか?

A.原則としてバスと電車については交通費として認められます。タクシーを使わないと通院できない場合はタクシー代も認められます。その場合は領収証が必要となります。
自家用車での通院もガソリン代、高速代、駐車料金等認められる場合もありますが、全てが認められるわけではありません。

Q.整骨院で交通事故のケガの治療とする場合、何か必要なものはありますか?

A.基本的に整形外科や病院に行き診察してもらい、医師に診断書を書いてもらいます。また事故管轄の警察署に行き事故証明を発行してもらいます。

Q.むち打ちは冷やす?温める?

A.むち打ちの初期は「冷やす」のが基本です。

むち打ち症の初期の段階では首周辺に炎症が起きていることが多いのでアイシングをして患部を冷やすようにします。
アイシングをすることで筋肉が冷やされ、炎症を抑える効果があります。
炎症期が過ぎてからは血行を促進するために患部を温めることが有効です。
温めることで組織の再生が速まり、自然治癒力を高めることに対して有効です。

交通事故専門 貝塚ヒーリング整骨院

このページの先頭へ