むち打ちの症状

むち打ちの症状に関することについてです。

むち打ち症とは?

むち打ちは交通事故の後遺症で最も多く発生します。

交通事故による衝撃で首から背中、腰にかけての骨がムチを打ったようにしなることで特に首の部分にダメージを受けます。

そして筋肉や靭帯、神経などが損傷します。

むち打ちの特徴

事故当初には自覚症状がないこともあり、2~3日後に症状が出てくるということがよくあります。

症状として首の痛み、肩こり、背中のはり、めまい、しびれ、だるさ、吐き気などが出ます。

むち打ち症の分類

むち打ち症は「頚椎捻挫型」「脊髄捻挫型」「神経根症状型」「バレーリュー症状型」「脊髄症状型」等に分類されます。

「頚椎捻挫型」

むち打ち症の中で一番多く見られる症状で、全体の70~80%を占めます。

スポーツや追突事故などの衝撃により頚椎(首の骨)にダメージが与えられることで起こります。

頚椎にダメージを受けると筋肉や靭帯が損傷し、痛みが出ます。

損傷がひどい場合は血管や神経にも影響が及びます。

首を伸ばしたときに痛みが強くなり、首を回そうとすると痛みにより動きが制限されます。

「神経根症状型」

頚椎の中には、脳と体を結んでいる神経が通っています。その神経が集まっている部分を「神経根」と言います。神経根には知覚神経と運動神経が集まっています。

神経根が衝撃を受けて損傷するとそれぞれの神経をコントロールしている箇所に痛みやしびれ等の症状が表れます。

知覚神経が刺激を受けると鈍いような痛みが続き、時々鋭い痛みが表れたりします。

運動神経が刺激を受けた場合は手足がしびれたりします。

また頚椎の上位部か下位部によっても症状の表れ方が違います。

神経根症状型はレントゲン写真やCT映像では見つかりにくいのでスパーリングテストやジャクソンテスト等の神経学的検査を行うことが多いです。

軽度の場合、軽い運動等をすることにより症状が和らいでいく場合が多く、ゆっくりと身をほぐす運動をすると良いです。

痛みがひどい場合や吐き気がする時は軽度ではない可能性があるので、診察を受け検査をした方が良いでしょう。

参考図

スパーリングテスト

spurling

ジャクソンテスト

jackson

ショルダーデプレッションテスト

shoulder

柔道整復学(理論編)345ページより

「バレーリュー症状型」

バレーリュー症状型は事故による強い衝撃が加えられることにより頚椎に沿って走る椎骨動脈の血流が低下し、頭痛、めまい、耳鳴り、吐き気などの症状が現れます。

椎骨動脈は首の左右にある動脈で脳に栄養を与える役割を持っています。

「脊髄症状型」

頚椎の脊柱管を通る脊髄が損傷することによって知覚異常を引き起こします。

下肢に伸びている神経が損傷されると下肢のしびれや知覚異常が起こり、歩行障害が現れます。

また膀胱、直腸の機能が低下し排尿、排便などに支障が起こる膀胱直腸障害が生じるケースもあります。

「脳髄液減少症」

原因不明の「突発性」と交通事故やスポーツ外傷等による「外傷性」の場合があります。

脳脊髄液の減少により髄液圧が急上昇してこの圧が下方に伝わって腰椎の神経根にもっとも強い圧がかかることによって起こります。

脳脊髄液は脳と脊髄の周囲に存在する液体で脳脊髄への栄養補給や保護などの役割をしています。

主な症状として頭痛、頚部痛、めまい、耳鳴り、視機能障害、倦怠感等のいわゆる不定愁訴が相当します。

天候や気圧の変化に応じて症状が変化するということが特徴的です。

交通事故専門 貝塚ヒーリング整骨院

このページの先頭へ