むち打ち症を早く改善する

どのように考えてどうすれば症状が早く改善できるのかについて説明します。

交通事故の被害者が陥りやすい傾向

交通事故の被害者の場合はほとんどのケースで治療費の心配はありません。

治療院に通うということが中止になり「治そう」ということから意識が外れてしまうということがあります。

治療院に通いさえすれば「治してもらえる」という思い込みがある可能性があります。

しかしこのような「通っていればいつかは治るだろう」という考え方では症状が改善するまでに時間がかかってしまうということが考えられます。

症状を早く改善する

むち打ち等の症状をできるだけ早く改善するためにはポイントがあります。

「早く良くなろう」という気持ちを持つことで「治してもらう」という他力本願よりも回復するスピードは確実に早くなります。

何にフォーカスするか?

症状に対する考え方によっても回復するスピードは変わってきます。

例えば首のむち打ちの治療を受けた場合、前日まで痛みで全く動かなかった首が少しだけ動くようになったとします。

この場合「事故前に比べて少ししか動かない。どうなるんだ」と考えるか「昨日は全く動かせなかった首が今日は少し動かせるようになった。確実に改善している」と言うように考えるのではケガの回復が違ってきます。

「良くなっている」ということにフォーカスすることにより自然治癒力は高まります。

交通事故専門 貝塚ヒーリング整骨院

このページの先頭へ