交通事故に遭ったら

交通事故に遭ってしまった場合の対処法についてです。

交通事故に遭ったらまず安全を確保する

交通事故に遭ってしまった場合は二次災害を防ぐためにもまず安全を確保することが重要です。

事故で止まっている車に後続の車が衝突したりする危険があるため車が動かない場合は発煙筒や三角停止板、非常灯などで後続の車に異常事態を知らせる必要があります。

また自分や相手の人と一緒に安全な場所まで避難するようにしましょう。

負傷者がいる場合は119番へ連絡する

交通事故による負傷者がいる場合は119番へ連絡して救急車を呼びます。

落ち着いて状況をよく見て負傷者に対応するようにします。

110番へ通報する

交通事故を起こした場合は法律により報告・届出の義務があるので事故後は速やかに警察に通報しましょう。

交通事故では後々トラブルが発生しやすいということがあるので警察への通報をお勧めします。

例えば事故直後には何ともなくても数日後に身体に障害が発生したなどのことも考えられます。

任意保険などの自動車保険金を請求する際にも警察官が事故現場で作成する実況見分調書により作成される交通事故証明書が必要になります。

保険会社へ連絡する

自動車任意保険に入っている場合はすぐに保険会社の担当者に連絡するようにします。

レッカー車の手配や事故現場から自宅へ帰るための手当、示談交渉などの対応も行ってもらえるので保険会社へはすぐに連絡した方が良いでしょう。

交通事故専門 貝塚ヒーリング整骨院

このページの先頭へ