自転車の交通事故

自転車による交通事故についてです。

自転車の交通事故が急増

近年、自転車による事故が多発してきています。

自転車の事故というと車との接触事故を思い浮かべますが、自転車同士の事故や自転車と歩行者というような事故が増えてきています。

自転車の危険な走行

交通事故を起こす原因となる自転車の走行には次のようなものがあります。

・スピードの出し過ぎ

・信号無視

・車道の右側通行

・車の間のすり抜け

・歩道走行時の危険運転

・携帯電話の使用

・傘差し運転

自転車のルール・マナーを守りましょう!

自転車は車両の一種

自転車は道路交通法上、車両の一種(軽車両)です。正しいルールを知り、安全に自転車を利用しましょう。

ピスト(競技用自転車)は公道を走れません。

ピストとは競輪等に使用される競技用自転車のことを言います。ピストは競技用なので制動装置(ブレーキ)や保安部品が備えられていません。

制御装置(ブレーキ)、前照灯及び尾灯等(夜間)を備えていない自転車を道路において運転した場合、道路交通法違反(制動装置不良等)により5万円以下の罰金となります。

自転車の事故責任

自転車が死傷者を出すような重大な事故を起こした場合、様々な責任が問われます。

刑事上の責任

相手を死傷させた場合「重過失致死傷罪」に問われることもあります。

民事上の責任

被害者に対する損害賠償の責任を負います。

社会的責任

被害者に対する謝罪や就業規則に基づく処分など色々な責任がかかってきます。

交通事故専門 貝塚ヒーリング整骨院

このページの先頭へ